ホーム > 川越支部のご紹介

クレジット・サラ金(借金)問題

埼玉弁護士会 川越支部の沿革とご紹介

埼玉弁護士会 川越支部 外観 埼玉弁護士会川越支部が弁護士会の一つの「支部」としての形をなしてきたのは、今からおよそ40年ほど前、概ね1970年代中頃のことです。その当時から歴史ある埼玉西部地区の法律問題を取り扱う「支部」として東奔西走、精力的に活動してきました。

現在では151人の弁護士が所属する大所帯となり、若手からベテランまで様々な弁護士が活動しています。

また、埼玉弁護士会の中で、最も早く法律相談を始めた所でもあります。最近では、比較的短期間のうちに3人の埼玉弁護士会会長や各委員会の役員を輩出するなど、埼玉弁護士会を担っているという一面もあります。

「悩むよりまず相談」を合い言葉に、NHKの朝の連続テレビドラマ「つばさ」の舞台とされた川越の街を重いカバンをかかえながら、人権と正義のために走り回っている弁護士が151人もいることを覚えてください。

埼玉弁護士会 川越支部長のご挨拶

埼玉弁護士会川越支部 支部長 弁護士 奥田圭一

皆様がトラブルに遭遇し、専門家への相談や依頼を検討する場合、まず最初に悩まれるのは、
①「誰に相談すればよいのか!?」
ではないでしょうか。
専門家といっても、例えば税金の専門家である税理士、登記の専門家である司法書士、官公庁あて書類作成の専門家である行政書士、労務管理等の専門家である社会保険労務士など、様々な専門家が存在し、トラブルの内容によって最もふさわしい相談先を選ぶ必要があります。
私たち弁護士は、法律の専門家です。
およそ法律上のトラブルであれば何でも、弁護士が対応できます。
特定の分野や、争いの大小による制限はありません。
最もオールマイティーな専門家といえるのが、弁護士です。
困ったときはまず、弁護士への相談をご検討下さい。

次に、皆様が悩まれるのは、
②「どこに相談すればよいのか!?」
ではないでしょうか。
弁護士の仕事には、皆様の住所やトラブルの発生場所などによる地理的な制約はありません。
そうはいっても、ご相談後のご依頼(通常は何度か打合せが必要になります)まで視野に入れると、なるべくお住まいや職場のお近くの弁護士をお探しになるのが便利な場合が多いと思います。
弁護士は、基本的に都道府県単位の弁護士会に所属しており、埼玉弁護士会は、さらに浦和・川越・熊谷・越谷などの地域ごと(支部)に分かれています。
私たち川越支部は、川越市を中心とする各市町村(入間市・越生町・川越市・川島町・坂戸市・狭山市・鶴ヶ島市・所沢市・鳩山町・飯能市・日高市・富士見市・ふじみ野市・三芳町・毛呂山町)内に事務所を持つ弁護士の集まりです。
個々の事務所ごとに皆様のご相談に応じていますし、特定の事務所を探さなくても、川越支部の法律相談センターでも同様に皆様のご相談に応じています(くわしくは本サイトをご覧下さい)。

さて、どこで誰に相談すればよいかの次に、皆様が悩まれるのは、
③「こんなことで相談してよいのか!?」
ではないでしょうか。
心配はご無用、大丈夫です。
皆様のお悩みやトラブルで、法律上のトラブルとはいえないものを探すほうが難しいくらいです。
もし皆様のお悩みが法律上のトラブルかどうか自信がなくても、どうぞご遠慮なく弁護士の法律相談をご利用下さい。
きっと、お力になれることがあるはずです。

そして、いざ相談となった場合に、皆様が最も心配なさるのは、
④「費用はどうなるのか?」
ではないでしょうか。
弁護士にかかる費用には、法律相談時に発生する法律相談料や、事件を正式にご依頼された場合の着手金・報酬金などがあります。
法律相談料はおおむね30分あたり5000円前後の場合が多いと思いますが、近年は無料相談ができる場合も増えています(川越支部の法律相談センターでも、借金整理など、無料相談できる場合があります。くわしくはお問合せ下さい)。
事件の正式なご依頼の際は、契約書(必要な場合は見積書)を作成しますので、ご安心下さい。

このページをご覧の皆様で、何らかのトラブルに遭遇し、専門家への相談や依頼を必要とされている方がいらっしゃいましたら、弁護士へのご相談をぜひご検討下さい。
私たち弁護士一同、皆様のお役に立てることを願って日々の精進を重ねつつ、ご相談をお待ちしております。

以 上